ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
購入物・レビュー の記事一覧
NEXT PAGE ≫

スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけまして大奥 
2007.01.02.Tue / 22:15 
新年明けましておめでとうございます。
更新頻度がえらいこと少ないですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、新年の挨拶はこれくらいにして・・・。
今日は友達のお母さんに誘われて劇場版『大奥』の方を観てきましたー。(´▽`)
歴代の大奥キャストが目白押しで、大奥ファンには至極の作品となっていましたよ。
主演の仲間由紀江もはまり役で、大奥総取締としての絵島と女としての絵島を熱演されていました。
今作は「絵島生島事件」を軸に描かれているということで、ドラマ版のように時の流れが激しくなく、前半部は少々ダラダラしているかなぁ・・・という印象はありました。
ですが恐らく最大の山場であろう歌舞伎座の炎上から絵島・生島の逃亡シーンはとても見ごたえのあるものとなっていました。
大奥ファンなら観て損はない作品ではないでしょうか(´▽`)

内容に関する感想は続きを読むからどうぞ。
いわゆるネタバレを多く含むのでご注意をー。
▽続きを読む
スポンサーサイト
テーマ:大奥 - ジャンル:映画
コザキユースケ作品集 
2006.12.09.Sat / 01:06 


束縛された少女にカメラ抱えるおっさんって

一体どこのエロ雑誌ですかこれは。

しかも雑賀の顔の位置ががが。
というわけでお久しぶりです。
なんかもうこのブログが近況報告の場になっててどうかと思えてきて心もとないのですが・・・。
さてさて、今日は『スピードグラファー』や現在パソコンテレビGyaOで放映中の『幕末機関説いろはにほへと』のキャラクター原案を務めたコザキユースケ氏のイラスト集についてご紹介。
氏は現在『烏丸響子の事件簿』という漫画の連載もされていて、知っている方も多いのではないでしょうか。
そんな氏の初の作品集が発売されまして、スピードグラファーが大好きな私も早速ゲットしてまいりました!
スピードグラファーはやたらエログロでうわぁぁぁぁな内容でしたが、人間の深い欲望に焦点を当てた斬新な作風がとても印象的でした。
眼が潰れてしまいそうになりながらも、最後の最後まで神楽を守り続けた雑賀の生き様には燃えたものです。

そんなスピードグラファーのイラストが満載の今回の作品集。
114ページということで、DVDのジャケットイラストはもちろんラフスケッチや設定資料とてんこもりな内容となっていました。
今回はそんなコザキユースケ氏の作品集のレビューをしてみようかと思います。

―レビューを読まれる方は「続きを読む」をクリックしてください。
▽続きを読む
ゼーガペイン アルティール 前編 
2006.08.12.Sat / 15:46 


我ながら1日で作り上げてしまうとは・・・。

昨日購入したゼーガペイン アルティールのプラモデルですが、徹夜して作り上げちゃいました。
いやぁ、これは想像していた以上に出来が素晴らしいですよ。
色はだいぶシールで補えますし、素組みだけでも商品のイメージ画像とほぼ同じくらいの出来に仕上がります。
光装甲のクリアパーツもかなり綺麗です。

折角作ったので、前編と後編の2回に分けてレビューでもやってみようかと思います。
といっても、後編はポーズとった画像載せるだけですg
尚、発光ギミックについては電池が別売りであり、わざわざ電池買うのが面倒なのでスルーしますね。

―レビューを読まれる方は「続きを読む」をクリックしてください。
▽続きを読む
アルティールキタコレ! 
2006.08.11.Fri / 09:12 
1/72 ゼーガペイン アルティール

うほ!いい光装甲!

木曜の午後6時より放映されている『ゼーガペイン』。
現実と虚構に揺れ動く人類の戦いを描いた独特の世界観とストーリーは、視聴者にとても好評のようです。
自分も毎週見ていますが、少々戦闘シーンがぬるいものの、ストーリーはとてもおもしろいと思います。
ゼーガペインの光による装甲や武装というのも今までのロボットアニメでもあまり類を見ず、無骨なスタイルもカッコいいですよね。

って別に今日はゼーガペインについて語りたかったわけじゃなくてですね。


先日注文していたアルティールのプラモデルが届いたんです!
割と値が張って買うのは止めようと思っていたんですが、レビューサイトではどこでもかなりの好評価をしていたり、光装甲が想像以上に綺麗にできていたために思わず買ってしまいました;

それにしてもさすが72分の1だけあるのか、箱の時点で結構でかいです
こんなの置く場所ねぇよ(笑)


ちなみに中身の方はこんな感じです。
発光ギミックが搭載されているということで、発光ダイオードが付属されています。
別売りのボタン電池によって発光が可能のようですが、ぶっちゃけこんなのいらないでs
光装甲のクリアパーツなんかはなかなか綺麗にできていますね。
翼や武装にあたるパーツにはラメが入っていて、これがまた綺麗ですよ。
スタンドも付属されているようですね。

これから作っていくつもりですが、完成したらレビューでもやってみようかと思います。
うぅー楽しみだなぁー(´ー`)
『.hack//G.U.』初プレイの感想 
2006.05.20.Sat / 23:47 
.hack//G.U. Vol.1 再誕
いよいよ『.hack//G.U.』発売となりましたねー。
いやはや、待ちにまって我が家にもようやく今日注文していたのが届きました。
Amazon遅いよ(´・ω・`)
というわけで早速プレイしてみましたよ。
大体4時間ほど遊んでレベルは11。
クーンと出会い、レイブンへ初訪問し、そこでのムービーを見たくらいです。

なんか今回はオンラインでのカードゲームもできるみたいですよ。
他にも様々な掲示板があったり、リアルの世界を結ぶニュースシステムにアニメーションのムービーがついたり、「The World R:2」以外の要素もとても豊富になっていました。
あとニュースシステムにある「オンラインJack」という番組形式でアニメーションムービーがあるんですが、リミナリティーの徳岡さんの中の人が司会になってて吹きました。
更に番組内でリョースの中の人が出演されていたりして、クスクス笑っておりましたよ。
ニュースシステムによるアニメは記事を動画として簡単にまとめてあるので、読むのが面倒な人でもリアルの世界観を感じ取るのにいいのかもしれませんが、オンラインジャックは正直ハイテンション過ぎて失笑びっくりしてました。
見てるだけでなぜか全身痒くてたまりませんでした><

システム的な面では、戦闘システムの方の基本が前作と変わらず連打ではありましたが、スキルをショートカットで出すことができるのがなかなかよかったです。
連撃が決まるのも結構爽快で癖になります(笑)
攻撃の操作はなかなかいいかなと思ったんですが、戦闘モードになると周りに障壁ができちゃうのがなんだかなぁといった感じ。
前作と違い敵を倒したらそのつど経験地が入るのではなく、戦闘モード終了後に経験地が入るという、ドラクエやFFのようなシステムがアクティブになっているので仕方ないとは思いますが、やっぱり壁があると狭く感じてしまってションボリ。
他の操作の方もスティックで移動だったりとか、L・Rボタンの扱いが変わっていたりだとかでだいぶ一新されているので、前作をプレイした後だとやりづらくはありました。
視点変更にLRボタン使ってたので、戦闘時に間違ってスキル使っちゃったりとかしばしばorz
まぁこの辺は慣れでしょうし、客観的に見れば操作の幅も広がって向上したと思います。
そうそうほんの最初にプレイしたとき、移動速度が結構速くてびっくりしました。
てっきりアプドュウでもかけてんのかと(笑)
蒸気バイクなんかはもっと早いんでしょうねー。
プチグソでまったり揺られながらフィールドをかけていたあの頃が懐かしいです。

プレイの感想を総括して言えば、システムも向上しておもしろくなったなぁと。
ストーリーも笑いありでなかなかおもしろいかったです。
今後じっくりプレイしていきますよ(´▽`)
テーマ:.hack//G.U. - ジャンル:ゲーム

CopyRight 2006 Lupus-the Prelude- All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。