ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2006年12月の記事一覧
≪11month
This 2006.12 Month All
01month≫

スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ズワァ・ペェェパァァァァァアァ 
2006.12.30.Sat / 00:22 
http://www.karanokyoukai.com/

( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._

(;゚ Д゚) …!?


年末年始のTYPE-MOONぶっ飛ばしすぎ。ワロタ。
Fateのコンシューマー化のソフトが新春発売。
コミケでのFate/ZEROの販売。
挙句らっきょ劇場版って何やってんだ(笑)


R.O.D -THE TV- vol.6
というわけで
( ゚∀゚)o彡゜読子!読子!!

アニプレックス繋がりで、最近R.O.D-THE TV-の方をレンタルして見てます(´▽`)
R.O.Dの原作本は3巻まで一応所持していて、読子さん大好きーな私でありまして。
テレビ放映に関しては黒歴史のあるテレビ版ですが、以前から見てみたいとは思っていたんですよね。
今のところ読子さん登場の15話まで視聴しまして、読子さんがOVAと声優も変わらず懐かしいなぁと思いながら見てました(笑)
それにしても1話のクオリティが高すぎてびっくりしましたよ。
1話っからサイン会での戦闘シーンや飛行機救出と紙技出まくりで、OVAでの紙アクションを彷彿とさせてくれました(´▽`)
3姉妹それぞれの紙技にも特徴があっていい感じ。
姉妹たる故のよいチームワークにもドキドキさせられました。
キャラクターに関しては、ねねねが小説版の印象があるのでかなり大人っぽいキャラになったなぁという印象を受けましたが、メインのキャラだけでなくサブキャラも個性的で見ていてとても楽しめました。
何かと生意気なアニタの時折見せる少女らしい姿だとか、ミシェールのボケっぷりやマギーの素朴な表情もよかったです。
ただ…個人的にウェンディのキャラが変わりすぎてショックでした。
なんであんな万能キャリアウーマンになってんの。。。
全く別人ですがな!ウェンディはあんなんじゃねぇー!!(TT)
声のトーンまでOVAと変わっちゃって…いくら数年経ったからって、あれはないだろうーorz
あとは視聴していないのが1クール程度残っているわけですが、これからは読子さんもさぞ活躍してくれるだろうので後半戦が楽しみです。
早く読子さんの紙技をみとうございます・・・。
興味のある方はまずは原作本でも手にとって見てはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
コザキユースケ作品集 
2006.12.09.Sat / 01:06 


束縛された少女にカメラ抱えるおっさんって

一体どこのエロ雑誌ですかこれは。

しかも雑賀の顔の位置ががが。
というわけでお久しぶりです。
なんかもうこのブログが近況報告の場になっててどうかと思えてきて心もとないのですが・・・。
さてさて、今日は『スピードグラファー』や現在パソコンテレビGyaOで放映中の『幕末機関説いろはにほへと』のキャラクター原案を務めたコザキユースケ氏のイラスト集についてご紹介。
氏は現在『烏丸響子の事件簿』という漫画の連載もされていて、知っている方も多いのではないでしょうか。
そんな氏の初の作品集が発売されまして、スピードグラファーが大好きな私も早速ゲットしてまいりました!
スピードグラファーはやたらエログロでうわぁぁぁぁな内容でしたが、人間の深い欲望に焦点を当てた斬新な作風がとても印象的でした。
眼が潰れてしまいそうになりながらも、最後の最後まで神楽を守り続けた雑賀の生き様には燃えたものです。

そんなスピードグラファーのイラストが満載の今回の作品集。
114ページということで、DVDのジャケットイラストはもちろんラフスケッチや設定資料とてんこもりな内容となっていました。
今回はそんなコザキユースケ氏の作品集のレビューをしてみようかと思います。

―レビューを読まれる方は「続きを読む」をクリックしてください。
▽続きを読む
| BLOG TOP |

CopyRight 2006 Lupus-the Prelude- All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。