ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN

スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コザキユースケ作品集 
2006.12.09.Sat / 01:06 


束縛された少女にカメラ抱えるおっさんって

一体どこのエロ雑誌ですかこれは。

しかも雑賀の顔の位置ががが。
というわけでお久しぶりです。
なんかもうこのブログが近況報告の場になっててどうかと思えてきて心もとないのですが・・・。
さてさて、今日は『スピードグラファー』や現在パソコンテレビGyaOで放映中の『幕末機関説いろはにほへと』のキャラクター原案を務めたコザキユースケ氏のイラスト集についてご紹介。
氏は現在『烏丸響子の事件簿』という漫画の連載もされていて、知っている方も多いのではないでしょうか。
そんな氏の初の作品集が発売されまして、スピードグラファーが大好きな私も早速ゲットしてまいりました!
スピードグラファーはやたらエログロでうわぁぁぁぁな内容でしたが、人間の深い欲望に焦点を当てた斬新な作風がとても印象的でした。
眼が潰れてしまいそうになりながらも、最後の最後まで神楽を守り続けた雑賀の生き様には燃えたものです。

そんなスピードグラファーのイラストが満載の今回の作品集。
114ページということで、DVDのジャケットイラストはもちろんラフスケッチや設定資料とてんこもりな内容となっていました。
今回はそんなコザキユースケ氏の作品集のレビューをしてみようかと思います。

―レビューを読まれる方は「続きを読む」をクリックしてください。
コザキユースケWORKS SHUTTER KILL

あらかたの内容としてはDVDのジャケット・DVD特典描き下ろしカードのイラスト・小説版表紙・テレビアニメEDといったカラーイラスト。そしてラフスケッチと設定資料が盛り込まれています。
それにしても驚いたのが、ラフと設定資料のボリューム。
ページの約半数がこれでして、内容も実に濃厚です。
神楽の設定だけでも8ページはあるんですよー。
雑賀の設定も5ページほどもあり、水天宮のような長髪雑賀からどえらいおっちゃん雑賀までいてなかなか楽しめました(笑)
サブキャラの資料もかなり豊富で、実に見ごたえのあるものでした。
あとパンスト漫画が必見です・・・。

カラーイラストの方は点数にして48点。
ジャケット類が多かったので既に見たものも結構あったのですが、こうやって改めて大きなイラストを見るとうやはり感動しますねぇ。
個人的にはDVD用に書き下ろされた辻堂等3人組のイラストが気に入ってます。
辻堂といえば、ワンコバージョンがなかったのがちょっと残念だったり(笑)

総評としては、帯にもあったんですが「クール」と「スタイシッリュ」という言葉が実によく当てはまるものだったなぁと思います。
また全てがスピードグラファーのイラストだったので、スピグラファンなら買って損はないんじゃないでしょうか。
とにかく圧巻な資料類はすごくオススメですので、是非ご覧になってくださいねー。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
--作品のはなし?--

作品のはなし?

- from BlogPetのベクトル -

   非公開コメント  
スポンサーサイトコザキユースケ作品集のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CopyRight 2006 Lupus-the Prelude- All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。